トップページ > 技術情報 > 試験室リポート

試験室リポート

お客様に喜ばれる糸づくりを目指して

徹底した品質管理でよい品を市場へ。

試験室は、紡績工場の品質管理及び開発の中枢です。品質管理は工程ごとに品質特性を選定し、各種測定機器で測定し、そのデーターに基づき客観的な立場で判定して、異常があった場合はそれに応じて適正な処置をとるよう各部に勧告します。開発は元大手紡績の技術者が中心となって研究を重ね市場にない糸づくりに挑戦しています。これまで杢糸をはじめ特殊な色効果をだした糸、落ち綿を多く使用することによって柔軟剤なしで柔らかくしなやかな風合いを醸しだした糸など多くの製品を開発し市場に送り出しています。 室長及び女性スタッフ3人で、品質の安定・維持に日々努力していますが、弊社は試紡、開発糸にも力を注いでいますので、扱っている糸は、年間500品種にものぼり、試験する立場としては、毎日が新しいものにチャレンジです。私たちは細心の注意を払って小さな欠点も見逃さないように努め、お客様に喜ばれ満足される糸づくりを目指しています。